Over the Age Mountain tour
整体師登山ガイド 伊藤 陵

雪山で使用するワカン購入しました

blog

                       2020/03/15

山用品 ギア紹介

整体師登山ガイドの伊藤です。今日は残雪期に鳳凰三山に登ることを考えてワカンを購入しました。

スノーシューとワカン、膝くらい積雪がある場所からの使用。浮力を持たせたい時に使う面では同じ用途ですが、大きさと、重さが異なっています。

登山靴(つぼ足) で歩くと踏み抜き、なかなか進めないであろうところでも 浮力があり ずぼずぼと踏み抜くことが少ないため 体力の消費は共に抑えることが可能です。

一般的に斜度がきつい細い尾根では小型のワカンを(長さ43cm×幅19cm)1066㌘、緩やかな斜面や、フラットなところでは浮力がより大きいスノーシュー(56cm×20㎝)1840㌘を選択します。

どちらも善し悪しがあります。

鳳凰三山を歩く場合は20キロ近い距離と、単純な標高差1500mを歩くことになります。チェーンスパイクとアイゼン、ワカンを使いわける必要がどうしてもあるためにより軽量なものが必要だと思い購入をしました。

使用感などまた書きますね。読んで頂き有難う御座います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました